BTS騒動で田村淳「親戚に被爆したおじさんがいました」――「なぜ嫌う日本でライブしたいのか聞きたい」への批判に答える

音楽番組「ミュージックステーション」への出演が急遽中止となった、韓国の男性グループBTS(防弾少年団)。同グループのメンバーが昨年、原爆のきのこ雲が描かれたTシャツを着用したことが発覚し、現在もネットで炎上している。

お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんは11月11日、ツイッターに「彼らが日本の事を好きor嫌いを発言するのは自由だと思うのですが…原爆を称賛するのは間違ってると思う」とした上で、「そこまで忌み嫌う国で何故ライブをしたいと思うのか?直接話を聞いてみたい」と投稿していた。

これについて13日、「目に余る言葉が届くのでこれで最後にします。僕は防弾少年団や彼ら応援する事を否定していません…彼らには彼らの思いがあるのでしょう…」と述べ、

「しかし原爆で命を落とした人やその遺族もいる…僕も長崎と広島に親戚がいて被爆したおじさんがいました…だから一貫して思いを聞きたいし知りたいと呟いてます」

と心境を明かした。これに対してリプライでは「淳さんの言葉に重みを感じます」「自分も、大叔母さんが惨い亡くなり方をされてるので、同じ思いになってます」と共感の声が多く寄せられた。

「本人はキノコ雲の写真や原爆を知っていたの?気になることが沢山。直接話を聞きたい」