【10連休】カレンダー販売企業は「祝日訂正シール」付きで販売するなど対応苦慮「もっと早く決めてくれれば」

2019年の5月1日とその前後を祝日とする閣議決定が、11月13日にされた。1日は皇太子さまが即位し、元号が変わる。祝日法で、祝日に挟まれた平日は休日扱いとなるため、前日の4月30日、翌日の5月2日も休日となる。来年のゴールデンウィークは10連休になる見通しだ。

カレンダーや手帳の制作・販売を手がける企業にとっては、「もっと早く決めてほしかった」というのが本音だろう。2019年のカレンダーは既に店頭に並んでいるが、ほとんどは5月1日やその前後を平日として記載している。

コストは上がったが「評判はいい。追加注文の数もいつもより多い」