マツコ、氷河期世代への就労支援に持論「レールから外れたことで何もかも失ったと錯覚している人たくさんいる」

11月19日の『5時に夢中!』(MX系)で、マツコ・デラックスさんが政府が掲げた氷河期世代への就労支援策に持論を展開した。

番組では読売新聞が報じた、バブル崩壊の影響で希望の仕事に就けず、現在も働いていない人達のために、厚労省が就業や自立を支援する新たな取り組みを実施する、という内容を紹介。

これに、マツコさんは「もちろん、そういう時期があって苦労した人がいっぱいいるのは分かるんだけど」と氷河期世代の苦労を汲むが、

「一つ気になったのが、『希望の職に就けなかったから腐った』的なニュアンスじゃない?」

と無業者になった原因が望まない就職にあったと捉えることへの違和感を語った。(文:石川祐介)

「結局入ってからどうなるかっていうのはその人の頑張り次第」