若手新卒社員の過半数が「3年以内の転職」を意識 「勤務先はブラック」と3人に1人が回答

リスクモンスターは、11月26日、「若手社員の仕事・会社に対する満足度」に関する調査結果を発表した。調査は今年6月に実施し、20歳~65歳の会社員男女1000人から回答を得た。

若手新卒社員600人に「仕事・会社に対する勤続意欲」を聞くと過半数が「3年後は勤務し続けていないと思う」(51.0%)と回答し、「3年後も勤務し続けていると思う」(49.0%)を上回った。前回調査と比べると「3年後も勤務し続けていると思う」は9.2ポイント下がり、転職を考えている若手社員が増加傾向であることがうかがえる。

会社の売上高規模別で見ると、「3年後も勤務し続けていると思う」の割合は「10億円以上100億円未満」では53.8%、「100億円以上」では58.1%で過半数に達した。一方、「10億円未満」においては半数以下の42.3%だった。「勤務先の売上高」と「勤続意欲」が比例している。

3年後も勤務し続けていると思う理由「福利厚生の充実」「給料が良いから」