M-1グランプリの審査炎上に鈴木おさむ「”印象に残る”ってすごい」「自分の色を出して審査する方が大変」

12月2日に放送された『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日)について、ネット上では、タレントの上沼恵美子さんや落語家の立川志らくさんの審査に賛否の声が寄せられている。これに対して放送作家の鈴木おさむさんは翌3日、自身のブログでM-1の審査に言及した。

「昨日のM1。審査員に対して、炎上したとか、色々言ってる人がいますが。結局ね、『引っかかる』ってすごいことなんですよ。印象に残る。印象に残るってすごいことで。無難にやるのは簡単だけど、自分の色を出して審査する方が大変で」

「熱い気持ちにさせてもらってありがたいですね。おもしろかったです」