世帯年収が「700万から400万円に」「育休で480万減」 大幅減少した人の叫び「何かを節約するくらいじゃ乗り越えられない」

生活水準は変わらないから本当にピンチ

生活水準は変わらないから本当にピンチ

経団連が12月下旬に発表した大企業の冬のボーナスは、平均約93万円で過去最高だという。が、そんな景気の良い話はどこの国の出来事か。何かのきっかけで収入がガクンと減ったと落ち込む人も少なくない。

先日のガールズちゃんねるに、「世帯年収が大幅に減ったことがある人」と呼びかける人がいた。投稿者の女性は、夫と子供1人の3人暮らし。元々は妻が時短勤務の共働きで、世帯収入700万円だった。しかし来年以降は激減しそうだという。

「どうやって切り抜けましたか? どれくらい年収が減ってしまったかとか、何を削ったとか、経験談を聞かせてください!」

と女性が呼び掛けると、われもわれもと実に様々な「年収激減体験」が寄せられた。(文:篠原みつき)

妻の妊娠、夫の鬱、残業規制……自営業の人は「7000万から350万」へ急降下した例も