「おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ」 サイゼリヤ会長のビジネス書が話題に

はっとさせられることも多い一冊です。

はっとさせられることも多い一冊です。

国内外で合わせて1469店舗(2018年8月期)を構え、安価で気軽なイタリアンを楽しめるとして親しまれるサイゼリヤ。創業者で現会長である正垣泰彦(しょうがきやすひこ)氏の著書『おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ』(日経ビジネス人文庫)が、ネット上で話題になっている。

2011年に単行本が出版され、2016年に文庫化された本だが、この文庫を、あるツイッターユーザーが「淡々としてるけど凄みがあって飲食業以外にも参考になる」などと絶賛すると、大きな注目を集めた。アマゾンの「外食産業」カテゴリで売れ筋ランキング1位になり、一時品切れ状態に。電子書籍化していないことを嘆く声も出ている。(文:篠原みつき)

「店長には売り上げ目標を課さない」科学的なロジカル思考に称賛