【NGT48山口真帆事件】春名風花「犯行に関与したメンバーがいるなら、運営が早く発表しないと無実のメンバーが疑われる」

画像は公式サイトをキャプチャ

画像は公式サイトをキャプチャ

NGT48の山口真帆さん(23)が1月10日に行われたグループ3周年記念公演で、自宅に押し掛けてきた男性2人に顔をつかまれるなどの暴行を受けた事件について謝罪した。同日、NGT48の運営会社AKSも一連の騒動の見解を公表している。

これについて声優の春名風花さんは翌11日の「モーニングCROSS」(TOKYO MX)で「謝るべき人は別にいるのではないか」と自身の見解を述べた。

同事件は山口さんが今月9日にSNSなどで被害を告白したことで明るみに出た。男性2人は2018年12月に新潟県警に暴行の疑いで逮捕されたが、不起訴処分で釈放。山口さんは事務所側に対応を求めたものの「何もしてくれなかった」とし、さらに男性に帰宅時間や部屋を教えたメンバーがいるとしている。

「男2人は釈放、犯行に関与したメンバーも不処分は、社会的に悪影響」