電話をかけるのは「いきなり玄関を開けて話しかけるようなもの」? 箕輪厚介氏「電話は死ぬほど嫌い」と語る

画像は公式サイトをキャプチャ

画像は公式サイトをキャプチャ

1月13日の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、編集者の箕輪厚介氏が、電話の使い方について語った。テクノロジーが発展して受付嬢やスーパーのレジスタッフが機械に置き換わると、人間関係が希薄になってしまうのではという議論が展開される中、箕輪氏は

「暇になって、本当にやることが無くなる。小学生の子供みたいに『今日なにしようか?スポーツしようか?』みたいになると思います」

と指摘。むしろ余暇時間が多くなり、逆にコミュニケーションをする機会が増えるだろうと予想した。(文:石川祐介)

「一方的に重要な時間を全部奪われる。メールなら細切れの時間で全部対応できる」