高校の「普通科」見直し、実現には課題山積み 若新雄純氏が語る教育現場の事情

普通科の存在が中学の生徒指導で役立っている、という現状です

普通科の存在が中学の生徒指導で役立っている、という現状です

政府の教育再生実行会議は今月18日、高校の普通科の改革を進める中間報告をまとめた。普通科は現在、高校生の7割が在籍しているが、学力や希望進路が多様化しているため、教育内容を見直す必要性が指摘されている。政府は文部科学省令を改正し、2021年度から導入する方針だ。

1月24日のモーニングクロス(TOKYO MX)では、慶應義塾大学特任准教授などを務める若新雄純氏がこの話題に触れた。改革の方向性や発想に賛成する一方、実現にはハードルが高いという考えを示した。

生徒指導で有効な「そのままだと〇〇高校の普通科に行けなくなる」という言葉