嵐の活動休止で寄せられた不満、「報道量が多すぎる」が2割 「煽り過ぎ」「大阪なおみさんをもっと報道すべき」

嵐の活動休止で寄せられた不満

嵐の活動休止で寄せられた不満

「不満買取センター」などを運営するインサイトテックは2月4日、「嵐の活動休止」に対する不満データの分析結果を発表した。1月27日に発表されたアイドルグループ・嵐の活動休止に関して、消費者から投稿された不満の声を分析したものだ。

「嵐活動休止」に関する1368件の不満のうち465件を無作為に抽出。最も多かったのは「活動休止を悲しむ・惜しむ声」(23%)。次いで「活動休止の報道量の多さに関する不満」(16%)となり、以降「メンバー会見の内容に関する不満」(14%)、「周囲の反応に対する不満」(14%)と続いた。

「約2年後に活動休止するということなのに、煽り過ぎているようにもとれる」