「スクショNG」に茂木健一郎「ネット上の情報流通・二次創作などについて委員がどれほどの見識を持っているのか」

違法コンテンツのスクショNGに

違法コンテンツのスクショNGに

ネット上に違法アップロードされたあらゆるコンテンツを著作権を侵害していると知りながらダウンロードすることを全面的に違法とする方針が2月13日、文化審議会著作権分科会で承認された。

今までは海賊版対策として音楽・映像のみの対象だったが、漫画・写真などすべてのコンテンツに拡大。違法コンテンツの「スクリーンショット」(以下、スクショ)も対象となる。

これに対して脳科学者の茂木健一郎さんは14日、自身のブログに「スクショが違法というのは妥当な判断なのか」という記事の中で、「いろいろわからないことがある」と記す。茂木さんは「フェアユース」としての引用の線引きをどこに置くのかと疑問を呈している。

「刑事罰の対象云々ではなく、そもそもフェアユースは違法ではないと記すべき」