“吸うエナジードリンク”体験してみた 外観は加熱式タバコ、超絶エナドリ臭で煙も出る

"吸うエナジードリンク"というコンセプトで話題の「EAGLE ENERGY」

“吸うエナジードリンク”というコンセプトで話題の「EAGLE ENERGY」

飲むのではなく”吸うエナジードリンク”というコンセプトで話題の「EAGLE ENERGY」が日本でも販売スタートした。

同商品はカナダ企業が開発し、これまでの全世界での売上総数は1億本以上。加熱式タバコのような外観をしている。先端を吸うと、カートリッジに含まれた成分が気化して水蒸気となる。ガラナエキス(カフェイン)をはじめとした天然成分のみが使われており、ニコチン、タール、有害物質は含まれていない。

実際、どういうものだろうか。今年の目標が禁煙のキャリコネニュース編集部員も吸ってみた。

1本1580円 甘いのに糖質・カロリーゼロでカフェインをキメられる