「奨学金は学生ローンであることを忘れてはならない」――「保証人制度の廃止検討」報道をどう見る

保証人制度廃止の議論が始まります

保証人制度廃止の議論が始まります

学生の学費などを支援する奨学金だが、返済に苦しむ人は少なくない。3月18日放送の「モーニングcross」(TOKYO MX)では、元衆議院議員の網屋信介氏が生出演し、奨学金の未返済額が増加している問題について語った。

報道によると、政府は日本学生支援機構の貸与型奨学金について、親族などを保証人とする「保証人制度(人的保証)」を廃止し、学生が保証機関に保証料を支払う制度「機関保証」に一本化することを検討している。網屋氏は、親族の高齢化やリストラで支払いきれず社会問題となっている点をふまえ、今回の動きになっていると解説。借金をしてまで学ぶべきか慎重に考える必要があることを匂わせていた。(文:okei)

返済されない可能性が高い「リスク管理債権額」は、5940億円