マツコ、社内ニートに喝「社会は平等。優秀な人に仕事が振られる」「なんでも良いからなんかやる。やったことを誰かが見ている」

なんでもいいから行動することが大事

なんでもいいから行動することが大事

4月10日の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)では、優秀な同僚が1人で仕事をこなすため自分には大した仕事が振られず、社内ニート状態になっている34歳正社員からの投稿が紹介された。

社内ニートを抜け出したいと願う投稿者ではあるが、マツコ・デラックスさんは「優秀な同僚のせいで仕事が回ってこないニュアンスだったけど、そんなに仕事をしたいならその人を超えなきゃ無理」とばっさり。仕事が出来る方に任せたいと思う上司の心情は当たり前で、投稿者は自身を見つめ直す必要があると一蹴した。(文:石川祐介)

有吉も賛同「腐って何もやらないのが一番ダメ」