若い頃の自分に「程々にしろ」と伝えたいこと1位「お酒」-「飲む以外でのコミュ力を培えばよかった」「金と時間を無駄にした」

若い頃の自分に「程々にしろ」と伝えたいこと1位

若い頃の自分に「程々にしろ」と伝えたいこと1位

エアトリは4月17日、「年齢を重ねて気がついた、若い頃の自分に『○○はやっておけ』と伝えたいこと」に関する調査結果を発表した。調査は今年2~3月にネット上で実施し、10~70代の男女687人から回答を得た。

若い頃の自分に「○○はやっておけ」と伝えたいことで最も多かったのは、男女ともに1位が「外国語を学べ」。具体的には、

「仕事の幅や将来の可能性を広げるために必要。今、転職活動中で中途半端な英語力しか無いことに後悔している」(40代男性)
「現在海外出張が増え、英語の重要さを痛感し勉強している。ただ、若いうちに学習したほうが覚えるのが早い」(40代女性)

といった声が寄せられた。また「親が金を出してくれる、頭が柔らかい学生の間に勉強しておけばよかったと後悔」(40代女性)と感じている人もいた。

20歳・30歳の自分には「外国語を学べ」 40歳へは「健康に気をつけろ」