新ドラマ『わたし、定時で帰ります』に「私も定時で帰りたい」と注目集まる 「新人は30分前に出社して下働きしろ」に反発も

画像は番組公式サイトのキャプチャ

画像は番組公式サイトのキャプチャ

吉高由里子主演の新ドラマ、『わたし、定時で帰ります』(TBS系・火曜夜10時~)。4月から働き方改革関連法が施行され、残業規制が始まったタイミングでの放送に注目が集まっている。原作は朱野帰子の同名小説。主人公は、Web制作会社でディレクターとして働く東山結衣32歳だ。絶対に残業しないことをモットーに効率よく仕事をこなし、定時で上がって中華料理店でビールを飲むことに幸せを感じている。恋人(演:中丸雄一)との時間も大切にし、充実した日々を送っている。

新卒入社した会社で無理に働き死にかけた経験から、無理はしないという信念を持って働いている。上司から「みんな残ってるんだからもっと頑張ろうよ」と言われても、「私はこれ以上、頑張りません!」と軽やかに宣言して退社していく。ネット上では「サラリーマンの理想」「私も定時で帰りたい!」と共感の声が相次いだ。(文:篠原みつき)

「仕事は無理してでもするもの」旧来の価値観貫く上司のせいで新人がばっくれ