禁煙に失敗したら罰金を払うウェブサービス「禁煙コミット」 罰金額は500円から設定可能

お金が絡むとモチベーションも上がるかも?

お金が絡むとモチベーションも上がるかも?

メタエクスは5月8日、禁煙に励む人を支援するウェブサービス「禁煙コミット」を開始したと発表した。禁煙中の人がたばこを吸ったら、自身の設定に応じて罰金を支払わなければいけない、というサービス。罰金は最低500円から、1円単位で設定が可能だ。禁煙に失敗したら罰金額が請求される。

同社は、「既存の禁煙方法に比べて強い意思をもって禁煙に挑戦することができる」としている。

「判定者」のうち1人でも失敗とみなせば失敗、罰金の支払いが発生