泉佐野市のイメージ、ふるさと納税で一部変化 「儲かればいい、という貪欲な感じ」「政府に意見できる自治体」

ふるさと納税制度をめぐり総務省と対立し、アマゾンギフト券を上乗せするなどのキャンペーンで話題を呼んでいる大阪府の「泉佐野市」について、「ふるさと納税の件で初めて本市を知った」と回答した人は36.6%だった。「元々知っていた」(48.2%)と合わせると、同市の現在の知名度は8割を超える結果となっている。

「ふるさと納税」に関するニュースを見てからの同市に対するイメージを聞いたところ、「特に変わらない」(63.5%)が過半数であった。一方で、「良くなった」(18.6%)と「悪くなった」(17.9%)は拮抗する結果となった。

「良くなった」理由としては、以下のような意見が挙がった。

「政府に意見できる自治体と好印象を受けました」(60代・男性)
「民間企業的な感覚を持った仕事の仕方の尖兵と成れば良い」(70代・男性)
「自ら知恵を絞り、市の経済危機を乗り越えようとする姿勢に感銘を受けた」(40代・男性)

一方で、「悪くなった」理由としては、

「気持ちもわかるが、制度本来の趣旨から逸脱している」(60代・男性)
「儲かればいい、という貪欲な感じがする」(50代・女性)

といった意見が見られた。