女性の3割が「就業中のメイク必須は不公平」と回答 一方で「女性はより美しくあってほしい」(50代男性)という声も

女性の3割が「就業中のメイク必須は不公平」と回答

女性の3割が「就業中のメイク必須は不公平」と回答

エアトリは5月16日、「仕事中におけるメイク」に関する調査結果を発表した。調査は今年4~5月にネット上で実施し、20~70代の男女616人から回答を得た。

就業中における「女性のメイク」の在り方を聞くと、最も多かったのは「どんな職業でもメイクする・しないは本人の自由」という声となった。男女別に見ると、男性(58.2%)が女性(45.9%)を12.3ポイント上回る結果となった。

「メイクは女性としての身だしなみ。反対に、男性も頭髪や髭を整えることは然るべき」