『KGBスパイ式記憶術』で社会人のビジネススキルを強化! スパイスクールに入学した設定で脳トレや記憶力テストに挑む

同書の表紙

同書の表紙

『KGBスパイ式記憶術』(著:デニス・プーキン、カミール・グーリーイェブ/訳:岡本麻左子/水王社)は、単なる記憶術の解説本ではない。冒頭から、

「おめでとう。この文書を読んでいるということは、諸君はスパイスクールに入学を認められたということだ」

と、いきなり本の世界に放り込まれる。

しかも、心理学を学ぶ大学生がKGB(ソ連国家保安委員会)の諜報員にスカウトされキャリアを積んでいく日記とともに、記憶術の解説が展開される珍しい構成だ。合間では、段階に応じた脳トレ演習や記憶力テストなどがエージェントの指令さながらに繰り出され、妙な緊張感で楽しみながら記憶術を学べる。(文:篠原みつき)

記憶術の三大原則 「関連付ける、視覚的にイメージする、感情を伴わせる」