マツコ、働き方改革のあり方に苦言「日本人は体で覚えろ!って残業してきた。急に変わらない」

画像は番組公式サイトのキャプチャ

画像は番組公式サイトのキャプチャ

マツコ・デラックスさんと有吉弘行さんが5月22日の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)で、働き方改革について議論した。

マツコさんは、テレビ業界では「ADの子、2倍増やしてる番組あるもんね。途中で帰さなきゃいけないみたいよ」と残業削減の動きがあることを挙げる。

有吉さんは、その中でどう働けば他人と差がつくかについて、「家帰ってどうやって努力するかってことだね」と話す。しかし、マツコさんは、

「家帰ったらしないわよね。でもこの世界(テレビ業界)に限らず、日本人ってそのやり方しかできなかったわけじゃん? 『体で覚えろ!』って残業してしてさ。急に変わらないよね、やり方」

とコメントした。日本には長時間労働を前提とする企業が多く、従業員のワークライフバランスを重視した働き方を実現することは容易ではと考えているようだ。(文:石川祐介)

「通勤ラッシュですし詰めにされてる時点で、労働基準もへったくれもないよね」