丸山議員の”適応障害”診断書に茂木健一郎 「これまでの言動と切り離して考えるべき」「議員の資質は選挙を通して判断されるもの」

画像は公式サイトをキャプチャ

画像は公式サイトをキャプチャ

北方領土をめぐる発言で日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員が5月24日、体調不良を理由に衆院議院運営委員会理事会を欠席した。

報道によると、丸山氏から提出された診断書には、病名は「適応障害」で2か月の休養が必要と記されていたという。国会の聴取を欠席したことについてネット上で賛否の声が出る中、脳科学者の茂木健一郎さんが同日、自身のブログで見解を述べた。

「(この件について)さまざまな議論が起こっている。私は、筋論としては、特段の事情がない限り、提出された診断書、そしてその根拠となっている医師の判断を尊重するのがまず第一だと思う」

一方、精神科医・香山リカ「ストレス因は自ら招いたもので、議員なら対応すべき範囲内」