「終身雇用は維持できる?」経営トップにWBSが聞いてみた結果 「一律に70歳まで保障しますなんて言ってられない」

日本の雇用はどうなる!?

日本の雇用はどうなる!?

トヨタ社長や経団連の中西会長など、経済界のトップが相次いで「終身雇用はもう無理」との考えを示す一方で、政府からは高齢労働者の定年を70歳に引き上げる法律改正案が出されている。日本の雇用情勢が今後大きく変わっていきそうだ。

5月30日放送の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)では、経団連の定時総会記念パーティーで日本を代表する経営者たちを取材。「終身雇用は維持できる?」「定年70歳に賛成?」との質問をぶつけた。

終身雇用を「維持したい」と肯定的に答えたのは、放送された中ではサントリーホールディングスの新浪剛史社長ただひとり。「安心して働ける仕組みは重要。終身雇用は続けていきたい」と考えを語った。ただ、「定年70歳」にはバツ印を付けている。(文:okei)

みすぼFG会長「終身雇用」にも「定年70歳」にもバツ 「個人で生き方を考えて」