地方住み、「世帯年収1200万円でも虚無感」に反響多数 「貧乏より遥かに幸せ」「この人はどこで生きても幸せじゃないと思う」

贅沢な悩みにも見えますが、本人にとっては切実です

贅沢な悩みにも見えますが、本人にとっては切実です

世帯年収の中央値が400万円台である日本。世帯年収が1200万円なのに「幸せじゃない」と言われたら、「ん?」と引っかかってしまう人は多いだろう。6月9日、キャリコネニュースに掲載された「地方の『小金持ち』世帯年収1200万円でも虚無感」との記事が反響を呼んだ。

記事は2ちゃんねるのスレッドにあった、地方在住で年収600万円、結婚して世帯年収1200万円になり、子供もでき、貯金も2年で600万円貯まったというのに「幸せを感じない」という投稿を紹介したもの。 スレ主は「欲しい物とかもない。なんなのこの虚無感」「(貯金はあっても)自分を満たす方法がない」「女にモテたいとかもなくなった」と綴っており、記事の執筆者は「結構な地獄だと感じた」と評している。(文:okei)

批判の一方、「もう欲しいものがない虚無感はわかる」との共感も