大音量でハードロック流し逮捕、「静穏妨害」ってどんな罪? 警察の注意を無視すると適用される可能性

注意されたらおとなしく従うのが良さそう

注意されたらおとなしく従うのが良さそう

京都府警は6月10日、自宅の窓を開けて大音量でハードロックを聞き続けたとして、53歳の無職の男性を軽犯罪法違反(静穏妨害)で逮捕した。朝日新聞の報道によると、男性は近隣住民の通報で駆けつけた警察官が注意しても音量を下げず、窓も閉めていなかった。男性は昨年8月から今年3月にかけて10回、迷惑行為を行っていた。

静穏妨害は軽犯罪法の1条14項「公務員の制止をきかずに、人声、楽器、ラジオなどの音を異常に大きく出して静穏を害し近隣に迷惑をかけた者」に該当する。1日以上30日未満の拘留か、1000円以上1万円未満の科料が課せられる。みらい総合法律事務所の山口明彦弁護士によると、主に警察官の注意を聞かずに騒音を出し続け、逮捕されるケースが多いという。

被害の録音は「無いよりあったほうがいいが、それだけでは決定打にならない」