2019年新入社員の理想の上司「相手の意見に耳を傾ける」「一人ひとり丁寧に指導」「好き嫌いで判断しない」

2019年新入社員の理想の上司

2019年新入社員の理想の上司

リクルートマネジメントソリューションズは6月11日、2019年新入社員意識調査の結果を発表した。調査は今年3~4月に実施し、同社開催の新入社員導入研修受講者1178人から回答を得た。

社会人として働く上で大切にしたいことを聞くと、最も多かったのは「仕事に必要なスキルや知識を身につけること」(43.8%)。昨年まで不動の1位である「社会人としてのルール・マナーを身につけること」(42.2)は2位となった。

3位以降、「周囲(職場・顧客)との良好な関係を築くこと」(38.2%)、「任せられた仕事を確実に進めること」(36.2%)、「元気にいきいきと働き続けること」(28.9%)、「失敗を恐れずにどんどん挑戦すること」(28.4%)と続く。

「厳しく指導」「リーダーシップ」「仕事がバリバリできる」を支持する人は減少