この会社ヤバい!と思った瞬間「辞めたいと伝えると損害賠償請求。借金200万円を背負った同僚も」「従業員同士でマウンティング」

この会社ヤバい!と思った瞬間

この会社ヤバい!と思った瞬間

会社の雰囲気や人間関係は、入社前の企業研究だけでは中々わかりづらいく、働き始めてから「もうこの会社に未来はない」とがっかりするケースもある。キャリコネニュース読者から寄せられた「会社を見限った瞬間」のエピソードを紹介する。

クリエイティブ職の40代女性は、残業代の支払いや休日出勤手当がなかったため、元勤務先に不信を抱いていた。女性に追い討ちをかけたのは、上司からの「来月から週末1日ね! 給料は据え置きだけど」という発言だった。

身勝手な発言に我慢の限界に達し、退職を願い出たところ、「君の人間性を疑う」と逆ギレされた。

「タイピングが億劫」という理由で部下からのメールでの質問は受け付けない