新入社員の出世欲、過去10年で最低「地位に関心ない」4割 60歳を超えても働きたい人は約3割

労働観が変わっているようです

労働観が変わっているようです

産業能率大学総合研究所は6月19日、「2019年度新入社員の会社生活調査」の結果を発表した。この調査は1990年度から毎年行われ、今回で30回目。会社で目標とする地位に「関心がない」と答えた人は42.7%と、ここ10年で最も高くなった。

調査は今年3月下旬から4月初旬にかけて、産能マネジメントスクールの新入社員セミナー受講者を対象に実施。有効回答数は429人で、うち男性281人、女性148人だった。

許容できる残業「月10時間まで」過去最多 働き方改革の影響か