上司と飲むデメリット1位「飲みながら説教される」、2位「時間が長い」 一方「飲みニケーションは役立つ」も約半数

上司と飲むデメリット1位「飲みながら説教される」

上司と飲むデメリット1位「飲みながら説教される」

バカルディジャパンは6月21日、「働き方改革と社内コミュニケーションの実態調査」の結果を発表した。調査は今年5月にネット上で実施し、20~50代の社会人800人から回答を得た。いずれも月に1回以上お酒を飲む習慣のある人。

社内の円滑なコミュニケーションを妨げる要素を聞くと、「社内の風潮・風土・文化」(42.9%)、「価値観の違い・多様化」(32.6%)、「コミュニケーションスキルの低下」(24.4%)」、「ジェネレーションギャップ」(20.2%)、「仕事終わりに会食や飲みに行く機会の減少」(15.4%)と続いた。

平成生まれ方が、飲みニケーションの価値を感じている?