学生時代にイケてた人が社会人になってパッとしなくなる理由 「あいつは凄い」も今は昔…

学生時代にイケてた人が社会人になってパッとしなくなる理由

学生時代にイケてた人が社会人になってパッとしなくなる理由

大学生のキャリア支援と第二新卒層の転職支援という仕事をしている関係上、毎年数多くの学生さんや転職を考えている社会人の方とお会いします。継続的な支援を心がけていることもあり、学生時代に接点を持たせて頂いた方が社会人になり転職相談を受けることがあります。

そういった際に良く感じることがあります。

「学生時代、”イケてる学生”だった人が社会人になると、思ったよりパッとしない。仕事でバリバリ活躍していない」

ゼミやサークルで「あいつは凄い」と思われていたのに、社会人になったらそれほど活躍していない。みなさんにも思い当たる人がいるのではないでしょうか。(文:キャリアコンサルタント 坂元 俊介)

学生の「凄い」は「凄そうなことを言っている」だけということも