ブラック企業のドケチ経営者「管理職を手取り10万円で雇う」「出張費は自腹。カードローンで捻出し、信用情報もブラックに」

ブラック企業のドケチ経営者

ブラック企業のドケチ経営者

ブラック企業の特徴のひとつは、給料をはじめとした「お金」が従業員に払われないことだ。残業代や休日手当はもちろん、中には出張費の自腹を強要するケースもあり、従業員を経済的に苦しめている。

キャリコネニュース読者からは、金払いの悪いドケチ経営者に対する怒りの声が寄せられている。管理・事務職の40代女性は、元勤務先に転職してすぐ求人詐欺だったことに気がついた。基本給が違っていたからだ。

「お給料は求人票に記載された額よりも低くて、手取りで10万円ですよ。管理職なのに……。ボーナスもありません」

これだけでなく、業務で必要な資格試験の受検料は、自己負担だった。

「客先からの入金額によって、給料日直前に給与額を下げるんです」