ヤマハのレッスンに潜入調査したJASRAC職員が証人尋問で話したこと「私は私の任務を全うしただけ」「正当な業務だと思っている」

潜入調査の是非について、ネットで物議を醸していました

潜入調査の是非について、ネットで物議を醸していました

音楽教室のレッスンで行われる生徒や講師の演奏が、著作権使用料を徴収できる「公衆に聞かせる目的の演奏」にあたるかどうか問われている裁判で、7月9日、東京地裁で証人尋問が行われた。裁判では、ヤマハ振興会などで作る「音楽教育を守る会」から4人、被告であるJASRACから2人が証人として法廷に立った。

このうちJASRAC側の1人は、7日の朝日新聞ウェブ版が「潜入調査」として報じた女性職員だった。職員は2017年5月から今年2月末までの約2年、ヤマハ銀座店で大人向けのバイオリンのグループレッスンを月数回受講していた。受講中は身分を「主婦」と称し、JASRAC職員であるとは明かしていなかった。

「私は実際に主婦。職員と明かしたら受講できないと思った」