ブラック企業のパワハラ上司「反社組織の名前を出して脅迫」「言うことを聞かないから評価が上がらないんだ!」

ブラック企業のパワハラ上司

ブラック企業のパワハラ上司

ブラック企業には、人の尊厳もお構いなしな上司もいる。キャリコネニュース読者から寄せられた「他人事でも許せないと思えるパワハラ」体験談を紹介する。

管理・事務職の30代女性は、自分より強者にゴマをすり、弱者を蔑む上司に、辛酸を舐めた。上司は「弱い者には物凄く強いくせに上に向かっては『お鞄お持ちしましょう』という」タイプだったという。

「『歩き方が気に入らない』と仕事に直接関係ないことを言われた。 全社員のいる朝礼の時に名指しで些細なことを大げさに悪く言われたこともありました」

そんな上司のあらぬ疑いにより、濡れ衣を着せられたこともある。客から預かったものを紛失した事件があったとき、上司は理由なしに女性のせいにした。

「結局、徹夜で探したけど見つからず。後日、客の勘違いでしっかり返却されていたことが判明したが、一切詫びはありませんでした」

「部下に『クズ共』と罵声を浴びせ、しまいには紙やらペンなどを投げつけてくる」