DJ社長”パワハラ捏造炎上プロモーション”に批判相次ぐ 「頭いいことやったつもりだけどズレてた」人気YouTuberも苦言

画像は公式サイトをキャプチャ

画像は公式サイトをキャプチャ

YouTuberグループ「レペゼン地球」のDJ社長のセクハラ・パワハラ騒動が”炎上プロモーション”だと判明し、各所から批判が相次いでいる。

騒動は7月17日、DJ社長の事務所に所属するタレント・ジャスミンゆまさんがツイッターでDJ社長からセクハラ・パワハラを受けていると告発したことが発端。DJ社長は20日、炎上プロモーションだと明かし、レペゼン地球の活動再開とロックバンド「マキシマムザホルモン」とのコラボ曲「パワハラザホルモン」を発表した。

一部ファンからは称賛の声があがっているが、ネット上では、セクハラやパワハラを炎上に使ったことについて批判が殺到。21日、レペゼン地球、ジャスミンゆまさん、マキシマムザホルモンはツイッターで謝罪。現在、コラボ曲のMVは削除されている。

同じYouTuber界隈では、シバターさんが21日投稿の動画で騒動に言及。一連の炎上はレペゼン地球が今年9月に埼玉県のメットライフドームで行う「ドームライブへの集客」のためだと推測した。

「動画消したのはダサい」「嫌われたくないなら嫌われるような動画は作らない方がいい」