YouTuberヒカル、ストーカー被害で高級タワマンから引っ越し決意 「玄関出たらカメラ構えてる人がいた」

画像はYouTubeをキャプチャー

画像はYouTubeをキャプチャー

人気YouTuberが被害を受けていると明かす事態が相次いでいる。チャンネル登録者数333万人のYouTuber・ヒカルさんは8月1日投稿の動画で、マンションの住人から嫌がらせを受け、引っ越しをすると明かした。

今のマンションには約9か月前に引っ越してきた。タワーマンションの最上階で家賃は100万円超だ。しかし、先住人にストーカー行為をされていると話す。

「僕が帰ってくるのを待ってたりとか、それを撮影してたりとか、結構悪質な嫌がらせというか、直接的になんか攻撃してくるんじゃなくて、粘着性の『なんかこいつ危なそうやな』みたいな危険性を持った感じ。雰囲気的に」

ヒカルさんのことを好きなのかアンチなのかは不明だという。実際に受けた迷惑行為について、「具体的に話すと逆なでするかもしれないんであんまり言いたくない」と語った。「その状態で生活するのは怖い」「命の危険を感じた」など心境を吐露し、引っ越すことにした。

過去にも「お墓特定されたり、石投げつけられたり、ガラス割れてたり」