ヒカキン、迷惑行為を受けて警察沙汰になった過去明かす 中学生に尾行されて30分以上歩いたことも

画像はYouTubeをキャプチャ

画像はYouTubeをキャプチャ

YouTuberのヒカキンさんが5月29日に投稿した動画で、今まで受けた迷惑行為について語った。ヒカキンさんは今月21日放送の「踊る!さんま御殿!」(日本テレビ系)で、低層階マンションだと迷惑行為を受けるため、高層マンションに住んでいると明かした。

番組では「ピンポンを2時間鳴らされ続けた」と明かしたが、動画ではこの詳細についても話した。ある日、ピンポンが鳴り、出ようとすると、インターホンに若い学生が映っていた。反応をしてしまうと相手の思うつぼだと思い、無視をしていたら、

「10分、20分、30分……鳴り止まねえぞ! 気づいたら1時間、で2時間くらい経ってるんですよ」

と外が暗くなってもピンポンは鳴り止まなかったという。そんな中、ふとスマホを見ると、ツイッターに、「すいません!今、家来てます~!」「今インターホン鳴らしたの僕です」といったメッセージが届いていた。

「絶対お前じゃん!みたいな。本当に悪気ない感じなんですよね。『なんで出てきてくれないんですか?』みたいなニュアンスで」

自宅付近で親子が待ち伏せ 「どんだけ待たせるん!?」と逆ギレされる