「なぜGACKTはお金があるのか?」 最大の疑問に本人が答える初のビジネス書『GACKTの勝ち方』

ここまでのストイックさを真似できるかは別として、気概は見習うところがありそうです

ここまでのストイックさを真似できるかは別として、気概は見習うところがありそうです

年始の芸能人格付け番組で、常に本物を見抜き連勝を続けるミュージシャン、GACKT。言動から、常に最高級品のなかに身を置く相当なお金持ちであることがうかがえる。だが失礼を承知で言えば、誰もが知る代表作はないし、コンスタントにヒットを飛ばし続けているわけでもない。それなのに金銭的な余裕を持ち続けているのは何故か、疑問を感じている人も少なくないのではないだろうか。

この疑問に答えているのが、GACKT初のビジネス書『GACKTの勝ち方』(2019年8月9日発売/サンクチュアリ出版)だ。本書でGACKTは、

「仮に今、突然動けなくなったとしても、当面はサラリーマンの生涯収入ぐらいの実入りは毎年ある」

と豪語している。

「なぜ、そんなにお金があるのか?」この質問は何度も受けているようで、本書はそうした疑問に、こちらの想像を超えた答えが反撃のように繰り出されている。と同時に、これから何かを成し遂げたいと望む人への自己啓発的な側面も大きい。ファンならずとも興味深く読めて、モチベーションアップに繋がる刺激的な一冊だ。(文:篠原みつき)

「いまの時代、ミュージシャンだけやっていたら死ぬ」