“職場の冷房温度”をめぐる争い「温度を下げたらお局様に怒られた」「高齢社員が勝手に冷房を止める」

職場の冷房温度の争い

職場の冷房温度の争い

タイズは8月21日、「夏のオフィスの冷房温度」に関する調査結果を発表した。調査は今年8月にネット上で実施。20~50代の会社員444人から回答を得た。

「職場の冷房温度についてどう感じているか」を聞くと、「暑い」と感じている人が35.6%で、「寒い」と感じている人は15.1%という結果だった。会社員の過半数は冷房温度に不満を感じていることが明らかになった。

「職場の冷房温度について社員同士で揉めることがあるか」を聞くと、最も多かったのは、「直接言わないが、よく心の中で『もう少し温度を下げてほしい・上げてほしい』と思っている」(約39%)、以降、「ない」(約33%)、「少しだけ文句を言った・言われたことがある」(約18%)、「ある」(約10%)という結果だった。

「男性社員が設定温度を下げてさらに扇風機を回すのでやめて欲しいが言えない」