潜入取材ふたたび!“ユニクロ”横田増生氏が「アマゾン帝国」の内側で見たもの

アマゾン市川フルフィルメントセンター(千葉)の前に立つ横田増生氏

アマゾン市川フルフィルメントセンター(千葉)の前に立つ横田増生氏

身元を隠すために離婚、改名までした『ユニクロ潜入一年』(文藝春秋刊)で一躍脚光を浴びたジャーナリスト、横田増生氏。その取材手法は、15年前から変わらず続いていたものだった。現場に入り込み、隠された事実を明かす。相手が秘密主義を貫くほど、隠したいところに入り込む。ジャーナリスト本来の姿を愚直なまでに追求する横田氏に、スタイルの源流と最新刊『潜入ルポ amazon帝国』(小学館)について聞いた。

1日2万歩以上「初日で足にマメができた」