日本の正規・非正規問題は「世界的にはアブノーマル」 欧州の労働事情を識者が解説

日本の状況は異常?

日本の状況は異常?

9月13日の「モーニングCROSS」(MX系)で、健康社会学者の河合薫氏が正規労働者と非正規労働者の待遇格差について語った。

根本匠前厚労相は今月3日の会見で、正社員になれずにパートで働いている人だけでなく、自ら積極的にパートで働いている人もいると指摘。「多様な働き方」が進んでおり、単純に「正規」「非正規」で切り分けていいのか、と疑問を呈した上で、

「パートタイム労働者、有期雇用労働者、派遣労働者に寄り添った政策を展開して、同一労働同一賃金の実現に向けて全力で取り組んでいく」

と語った。これに河合氏は違和感を抱いたという。(文:石川祐介)

「有期雇用という不安定な働き方では、人間の尊厳を守れない」という考え方