実録!だから会社辞めました「根拠のない投資勧誘で資金集め」「親の葬儀後に出社したら『香典の金で売上つくって来い!』」

会社を辞めようと思った瞬間は?

会社を辞めようと思った瞬間は?

人が嫌がることを平気でしてくる上司は、残念ながら存在する。それが組織単位になれば、膨大な圧力として自分にのしかかり、辞めたい気持ちも強まってしまう。キャリコネニュース読者から寄せられたエピソードを紹介する。

40代男性は正社員としてデパ地下で販売・調理を担当していたが、パートの中年女性のパワハラに苦しんだ。そのことを上司に相談しても、「お前が仕事の腕前を上げればええんや!」と意味のない根性論を叩きつけられた。

「これじゃ何にも解決できません。上司の無能さもそうですが、パワハラおばさんの傍若無人ぶりにも呆れました」

男性は結局、うつ病になり退職した。パートのパワハラが原因で辞めた人は、男性以外にも複数いたという。男性の元勤務先は現在、そのパートのおかげで、デパート内でもすっかり浮いてしまっているそうだ。

「外部から技術アドバイザーなる人材を高額で契約していましたが、その者たちも専門外」