ブラック→ホワイト企業への転職で驚いたこと「殺すぞ!と怒鳴られない」「無理することが美徳と考える人がいない」

えっ、ホワイト企業ってこれが普通なの!?

えっ、ホワイト企業ってこれが普通なの!?

ブラック企業で苦しんでいた人がホワイト企業に転職すると、働きやすい環境が整っていることにびっくりする人が多い。キャリコネニュース読者からは、感動の声が寄せられている。

販売・サービス業で働く30代男性は、1分単位で給料が支給されることや、休憩を取らないと怒られることに驚いた。

「『あと30分で終わるから今日の1時間の休憩はいらないか……』と思って作業していたら、『誰かに引き継いで休憩に行きなさい!』と叱られました」

また有休申請に理由を求められることもなく、休む人を「ごゆっくり」と見送ってくれることもカルチャーショックだった。ブラック企業で働いていたときにはネチネチと文句を言われたあげく、有休当日の朝から緊急の仕事だと呼び出されたこともあったためだ。

男性は勤務して3年が経つが、「まだ慣れません」と綴っている。

「時間内にどれだけ効果を出すかという考え方で働くように。良い意味で常に頭フル回転」