ブラック→ホワイト企業に転職して驚いたこと「休憩が取れる」「勤務時間後に清掃をしたら”業務中にやりなさい”と怒られた」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

ブラック→ホワイト企業に転職して驚いたこと「休憩が取れる」「勤務時間後に清掃をしたら”業務中にやりなさい”と怒られた」

ブラック→ホワイト企業に転職して驚いたこと

ブラック→ホワイト企業に転職して驚いたこと

本来、会社勤めをしていれば残業代が支給される、有給休暇を取得できるといったことはごく当たり前のことだ。しかし、残業代を支給せず、有給消化もままならないブラック企業も存在する。

こうした職場に限界を感じ、転職活動後にホワイト企業への転職に成功した人も少なくない。キャリコネニュース読者から寄せられた、ブラック企業からホワイト企業に転職して驚いたエピソードを紹介する。販売・サービス職の40代男性は、

「休憩がちゃんととれる。意見を聞いてもらえる」

という転職先の文化にカルチャーショックを受けた。

「残業をしすぎて打刻を調整すると、残業した分は必ず申請するよう注意された」

ブラック企業とホワイト企業では、残業に対する考え方が違うようだ。管理・事務職の50代女性は、

「サービス残業がなくなった。見込み残業の乱用がない。残業をしすぎて打刻を調整すると、残業した分は必ず申請するよう注意された」

と話す。ブラック企業で当たり前に行われている「サービス残業」や「残業時間の調整」が、転職先では一切なくなったという。残業代の支給がないブラック企業に勤務したことがあると、転職先で残業代を全額支給されることに驚くのも無理はない。また

「勤務時間後に清掃をしたら、掃除は業務中にやりなさいと怒られた」(40代男性/営業職)

と前職場と同じ感覚で働いていたら怒られたと綴る人もいた。ブラック企業の場合、仕事とは無関係な清掃業務を勤務時間内に行える雰囲気ではところも少なくはないだろう。ホワイト企業に転職して、残業に対する考え方が変わった人は少なくない。

転職前の上司「日々の指導育成に感謝しろ」→転職後「日々ハードワークお疲れさま」

一緒に働く人の雰囲気が違うと指摘する回答もあった。ホワイト企業→ブラック企業→ホワイト企業という転職経験のある管理・事務職の30代男性は、

「ホワイト企業はいい人率と若く見える率がとても高いです」

と語る。充実した働き方を楽しんでいるからか、職場の人も若く見える人が多いという。ブラック企業のように精神的に追い込まれておらず、楽しく仕事ができている心の余裕からくるものなのかもしれない。また、

「上司の部下に対するスタンスが違う。転職前『日々の指導育成に感謝しろ』→転職後『日々ハードワークお疲れさま』」(30代男性/営業職)

という人もいた。

キャリコネニュースでは引き続き「ブラック企業→ホワイト企業に転職して思うこと」「いつもランチは何を食べますか?」のアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ