スタートアップ企業の課題1位「次世代リーダーが育っていない」――「労働環境が悪く常に人材不足」という声も

スタートアップ企業では、多くの経営者らが人材確保に課題を抱えている

スタートアップ企業では、多くの経営者らが人材確保に課題を抱えている

リクルートマネジメントソリューションズは9月20日、「成長企業 における人材・組織マネジメントに関する実態調査」の結果を発表した。調査は今年7月にネット上で実施。組織規模が拡大しているスタートアップ企業(従業員規模50人以上~1000人未満)の組織づくりの責任者(経営者、事業責任者、人事責任者)300人から回答を得た。

「組織の人事・組織戦略で課題と感じているテーマ」を聞くと、最も多かったのは、「自分の後任を担える人材・次世代リーダーが育っていない」(47.7%)だった。以降、「採用ブランドが低く欲しい人材が集まらない」(45.3%)、「採用した人材のパフォーマンスが上がらない」(40.7%)で、その中で最も課題だと感じていることを1つ選択してもらったところ、「採用ブランドが低く欲しい人材が集まらない」(20.7%)が最多だった。

「給与水準が低い」「全分野で人材不足」の声多数