福利厚生で卵子凍結、月額2万3000円で企業が一部負担 法人向サービス開始 「働き方改革は進んでいるが、その間も時間は進んでいる」

女性活躍支援・福利厚生サービス「Stokk for biz」提供開始

女性活躍支援・福利厚生サービス「Stokk for biz」提供開始

卵子凍結サービスを展開するステルラは10月2日、企業向け月額制卵子凍結サービス「Stokk for biz」を開始した。同社は2019年から個人向け卵子凍結サービスを開始しており、今回初めて法人向け福利厚生プログラムとして提供する。

同社はリリースで、「20代、30代の優秀な女性を雇用する企業にとって個人のライフプランと仕事の両立を支援することは、今後企業にとって重要度が増す課題」とコメント。しかし、日本の不妊治療件数は世界でも有数だとし、「女性が働くことが当たり前になり晩婚化となった結果、産み時を逃してしまった」と指摘している。

同社広報担当者は、

「働き方改革などで働きやすい職場環境整備が進んではいますが、その間も時間は進んでいきます。『この会社で結婚後も働けるだろうか、子どもを産むタイミングはあるだろうかと』と考えている女性がいます。その不安を除くために同サービス提供を開始しました」

と話す。

通常初期費用だけでも60万円かかるところを月額2万3000円で