過酷なハラスメントで退職した人「女性上司の指示で、忘年会で下着姿にされた」「発達障害を嘲笑される」

ハラスメントで退職した人

ハラスメントで退職した人

一度「会社に将来性が感じられず、自分の成長も望めない」と思うと、退職を考えるのもない。しかし、そうした理由とは別のことで「会社を辞めたい」と感じる人も少なくはない。キャリコネニュース読者からは、

「社長のパワハラ、上司のモラハラが退職に至った原因」(20代男性、建築・土木系技術職)

といった声が非常に多く寄せられている。今回はパワハラ、モラハラ、セクハラによって退職を決意した人のエピソードを紹介する。

販売・サービス職の30代男性は、元々発達障害を含む先天性の病気があり、会社もそれを承知の上でパートとして採用。

その際、「仕事内容は単調な繰り返し作業が中心で、発達障害でも問題なく働ける。そのうち正社員として登用する」と言われていた。しかし、

「実際は臨機応変な対応を必要とする作業が多かったですし、意図的にそのような仕事を回し、できない私を嘲笑することも多々ありました」

また、男性だけに毎日30~60分の残業をさせていたという。男性は「残業代はおろか感謝の言葉もありませんでした。正社員にするという話も嘘で、退社の意思を伝えましたが、上手く言い包められて、仕事を続けました」と綴る。

数年後、男性は両親に説得されて改めて退社を決意したという。

気に入らない部下のミスを捏造し、退職させる上司