30代営業職の貯金額は?「年収350万円、貯金ゼロ。毎月給与額が違うので決まった金額が貯金できない」

30代営業職の貯金額は?

30代営業職の貯金額は?

ほかの人はどの年代でどれくらい稼げていて、どれくらい貯金できているのかは気になるところだろう。今回は「30代営業職」の年収と貯金について紹介する。2019年に国税庁が発表した「民間給与実態統計」によれば、30代前半の平均年収は470万円、30代後半は528万円。

キャリコネニュース読者の声を見ると、30代営業職は働き盛りかつ会社の売り上げに直結する業種だけあって、全体的に400~600万円台が多い印象だ。しかし、

「不満。手取りが少ないので苦しい」(独身男性/年収470万円/月々の貯金額8万3000円/現在の貯金額330万円/目標貯金額2億円)

というように、全体的に不満の声が多く寄せられている。

「車のローンなどで貯金できない」