勤務先で導入してほしい海外の福利厚生1位「台風休み」、2位「高温手当」

多くの人が海外の福利厚生を自社に導入してほしいと感じているようだ

多くの人が海外の福利厚生を自社に導入してほしいと感じているようだ

エアトリは10月31日、「福利厚生」に関する調査結果を発表した。調査は9月にネット上で実施し、10~70代の男女679人が回答した。

就業中の572人のうち、「福利厚生を利用している」(61.5%)と過半数が回答したものの、2、3人に1人は利用していないことが分かった。しかし、「入社時に福利厚生を重視する」と答えた人は全年代で8割を超えるなど、高い関心を集めていることが分かる。

特に、新卒や第二新卒を含めた20代以下では「(福利厚生を)とても重視する」と答えた人が56%にのぼり、次点で多かった60代以上(30.2%)を大きく引き離した。

業種別、福利厚生の満足度ワースト1位「サービス・レジャー」