会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

本当に敵は会社なのか

本当に敵は会社なのか

会社を悪者にして「社畜になるな」と煽る人は、ネットにたくさんいます。しかし、会社や経営者は本当に敵なのでしょうか。本当の問題はどこにあり、自分をサポートしてくれる人が誰か、見誤ってはいけません。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第17回です。

会社に忠誠心を持って、私生活を犠牲にして仕事をしているような人を揶揄して「社畜」とよく言います。言うまでもなく「会社に飼われる家畜」という意味です。うまく動機付けして、やりがいを持たせることで、低賃金で人を雇って搾取する「やりがい搾取」という言葉もあります。

どちらも、背景に潜むのは「会社というものは、放っておくと社員からすぐに搾取しようとする敵である」というような性悪説です。この言葉を使う人の中には、会社を仮想敵に見立て、そこからどれだけ本来の取り分を取り戻せるかばかり考えている人もいます。

確かに、ブラック企業と呼ばれるような反社会的な会社もあるでしょうし、悪い経営者もいるかもしれません。実際に、今まではそういう人たちが相当数いたので「社畜」などという言葉が定着してしまったのだと思います。(文:人材研究所代表・曽和利光)

世の中は徐々によくなっている